ツイッター活用講座 ツイッター教材の今

ツイッター教材の今 著 者: 渡辺忠郎

これはツイッター活用講座の冒頭の1段落ですが・・・

まさに「百聞は一見に如かず」だとあなたは思うはずです。

情報の教材やツールをあなたも知っていますよね。 
でもそれではなかなか成功できないのはなぜでしょうか。

上手く行っている人に言わせると、確かに必要なことは全部書かれているとか、
丁寧に説明しているとか言うんです。

でも・・・・・

でも一方でそんなに甘いもんじゃ無いと、上手く行かない者を酷評もする。

なので、アフィリエイトは難しいのだとか言うんですよね。

結局、正しく指導する教材を作れない側の問題なんです。厳しいとか上手く行かないというのであれば、世の中の学校もいらないんです。

すくなくとも効果のある手順手本を示して、学ぶ者の資質にかけるべきなんですよね。

「学習」という言葉は、「学び、習う」ということです。

この言葉の真意は、対照となる指導者に習うということ。つまり、指導するものが正しくお手本を示して初めて成立するのです。

学ぶものは、自己の経験とお手本を基本として、理解をしていくとおもいませんか?

今までの教材に欠けているのは、お手本になるかという部分なのです。

たとえば、お金になるに必要なことを書いてあるから勉強して当然だろう
というスタンスがあまりに多い。

あとは、理解などしなくていいから、このツールの使い方だけを覚えればいいんだ。

そうして、迷惑行為を撒き散らすのでした。

あなたはいつまでそんな教材たちに振り回されますか?しかもバカ高いお金を払わされて・・・

さてごちゃごっちゃと書いているものを読むよりも教材ビデオの全てのサンプルを見てください。お手本の意味がわかります。
左サイドメニューに「サンプルビデオを見る」がありますので。

ごらんになって、もし価値無しと思われたら、「X」ボタンでこのレターを閉じてください。
良いと思ったら、どうぞ最後までお読みください。時間の損はさせませんから。

ツイッター活用新書のサンプルビデオを見るという方は

http://ks-lab.jp/twit/ へどうぞ。

ツイッターのフォローワーさんを100人にする手順の解説が無料で欲しいをいう方は
http://i2lab.net/twit/
をお読みになり
メールフォームで請求してください。
http://i2lab.net/mf/
アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

カテゴリー: SEO全般記事 パーマリンク