コメント回りは如何に質であるか

コメント回りは如何に質であるか 著 者: 高山直人

最近はコメント回りの質を求めて、無理にコメントを30件もすることはしないようにしました。

なぜだかわかりますか。それは実に簡単です。コメント回りを多くしたからといって全員が必ずコメントを

返すとは限らないからです。それにコメント回りだけに依存しているとアクセスアップがおろそかになろので

自分はこのアーティクルをはじめサイトの量産などからアクセスを引っ張っています。人と同じことをしても

必ず成功をするということはありません。成功するのならみんな豊かになっています

自分はあくまでも独自路線でいきたいと思いますし、失敗から学んだ経験を活かしていくということが

とても最高の教科書だと思っています。

今のアフィリエイターはPPCに依存しすぎています。近い将来、PPCはもうネットビジネスから締め出されるのではないか

という懸念だけは持っています。

コメント回りは、質だと思います。量だけだと、下品に見えて私はいやです。

勿論量だという人はそれでいいかもしれませんが、それではあまりスパムコメントとなるだけで

お勧めしません。例え1つのコメントでも真心がこもっていれば30コメントするよりも全く違います

量より質とはよく言ったものです

高山流情報商材のススメ

http://jouhousyouzai3.blog.shinobi.jp/
アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

カテゴリー: SEO全般記事 パーマリンク